昼にはパンダ目だった私が化粧直しのポーチを持ち歩かなくてすむようになった方法

パンダ目になりやすくてフィルムタイプのマスカラしか買えなかった私が普通のマスカラでもほとんどにじまなくなった方法です。
そもそもパンダ目は目周りの皮脂や油分、または涙や目薬といった水分によって溶けたマスカラがまばたきをしたときに下まぶたにくっついて起こるということ。
目薬もほとんどささない私は重点的に油分対策をすることにしました。

その方法は次の3点。
1.メイク前のスキンケアが終わったらティッシュを目周りにあてて余分な油分を落とす。
余計な油分は化粧崩れの原因になるのでついでに顔全体にあてるとメイク自体のモチがよくなります。

2.まぶたにパウダーファンデを塗る。
顔全体にパウダーをなじませるタイミングで上下まぶたにもパウダーを乗せます。
特に下まぶたにはアイシャドー用のチップを使ってパウダーファンデを涙袋全体がサラサラするように塗ります。
ファンデがこってり目の場合はルースパウダーを使います。

3.まつ毛はしっかりカールさせる。
単純な話ですが、まばたきのタイミングでマスカラが落ちてにじむということは、まつ毛と下まぶたが物理的に触れる面積を小さくすればいいんです。
ビューラーでまつ毛の根元をしっかりとはさみ、毛先のギリギリまでカールさせましょう。
まつ毛メイクは控えめにするというトレンドからは外れているように見えますが、しっかりカールをさせていれば目も大きく見えるので「ナチュラルに見せつつカールはしっかり」が最強です。

どれも普段のメイク中にちょっとひと手間するだけなのですがマスカラのモチがびっくりするほどよくなります。
新しく何かを買う必要もないのでもしよかったら試してみてください。

眉毛を生やすまつげ美容液

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です