レモンでニキビが予防できる?

小さいころ、ニキビができないようにレモンを食べさせられていました。
レモンはビタミンCが豊富な食品です。
ビタミンCは肌によいというイメージがあり、ニキビ予防にもよいと思ったのでしょう。
レモンのはちみつ漬けをよく食べていました。

しかし、レモンをよく食べていてもニキビはできてしまいました。
ビタミンCを摂取しただけではニキビの予防にはなりません。しかし、まったく意味がないのではありません。
ビタミンCには抗酸化作用があり、ニキビの炎症を抑えてくれることが期待できます。
炎症が鎮まることでニキビの治りがよくなったり、色素沈着の予防になります。
また皮脂分泌を抑えるので、過剰な皮脂分泌による毛穴のつまりにも働きかけます。

ビタミンCが多い食品はレモンだけではありません。
レモンよりもビタミンC含有量が多い食品が赤パプリカです。
レモンをたくさん食べるのは酸っぱくて難しいですが、パプリカなら無理なくたくさんの量を食べることができます。
他にもパセリ、ブロッコリー、芽キャベツ、イチゴ、キウイなどにビタミンCが多く含まれています。

ビタミンCは水溶性ビタミンで、長時間水にさらしているとビタミンCが損失します。
長時間水に浸けることは避け、切る前に洗いましょう。
また、一度に大量に摂取をしても尿と一緒に排泄されてしまうので、効率的に摂るにこまめに摂取をするとよいでしょう。
毎食サラダを食べたり、おやつにフルーツを食べるなどすると、こまめに摂取できます。

ニキビ跡(クレーター) 化粧水

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です