50代の転職は難しさは想像以上でした。

会社は、とくに大きな会社ともなりますと、50代中盤頃の社員に対しては、「もうきみはそこまでだね」という姿勢が見えてきます。仕事も、だんだん若手に移管しつつあり、社内や職場では存在感が薄くなっていきます。それに加えて、「役職定年」の対象になると、モチベーションは下がりっぱなしに浮上することはございません。予期せぬ役職定年は、住宅ローン、子供の教育費という問題に直面無し、「今の会社のままでは生活が苦しい。だから、会社を変えて頑張ろう」という気持ちになります。そうやって、多くの50代がテレビコマーシャルやインターネットの広告媒体にうまく乗せられて、転職サイトに応募します。そして、これが実に巧妙で、50代で年収がある程度いっていますと、「エグゼクティブ候補」とか書いてあるもんですから、すっかりその気になります。そして、登録したものの「待てど暮らせど何もない」。むろん、転職サイトも、最初はこちらを試すがごとく、釣り糸を放ってきます。そのとき、その釣り糸にぶら下がったエサをみると、多くの人が「この今の俺よりもうワンランク下のレベルの会社に応募するはずないだろう」とか思います。一方で、破格の条件のものも提案してきたりします。これがまた要注意で、外国のよくわからないところだったりします。そこで、已む無く現在の条件と似ているところに応募すると、その返事は決まって「大変すばらしい経歴をお持ちの方ではあるのですが、今回の案件とはマッチングしませんでした。私共の力不足で見送らせていただくことになりました。是非、機会があればご連絡差し上げたいと思います」のオンパレード。実際、そのあと何も連絡はきません。そこで、ハローワークに行き、いろいろと相談してみました。ハローワークの方の回答は冷静で、真実を物語っておりました。「たしかにどこも人手不足です。しかし、中小企業は人間関係で成り立っています。大企業で過ごされた方が、そのまま自分たちの会社に来て、同じようにふるまわれたら困るので、結構不採用が多いのです。ですから、依然として50代の求人難は続くでしょう」と。要するに、クビにでもならないかぎり、今の会社でおとなしくしていろということなのですね。

医師 転職 産業医 女性 ママ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です